不妊治療で最も多く行われるのが、排卵誘発剤を用いた排卵の誘発です。 排卵を誘発する事によって、妊娠しやすい状態を作ることができます。 そして、排卵誘発には2つの方法がありますね。 ・ショート法 ・ロング法 ショート法とは、自分の持っているホルモンと点鼻薬の2つの力により、排卵誘発を引き起こす方法なので、薬の量が少なく済みます。 ロング法とは、ホルモンが無い状態の時に点鼻薬の力を借りて、排卵誘発を引き起こす方法ですから、薬の量が多いです。 この2つの中で若い方に使用されるのはロング法で、妊娠率も高いといわれています。 しかし、高齢の方は卵巣の力が弱まっていますので、ロング法を使用することで、余計に妊娠しにくくなる場合もあります。 その為に、高齢の方はショート法によって、排卵誘発を引き起こすのが一般的です。 どちらが合っているのかは、ご素人判断するのは難しいので、専門のお医者さんの判断に従った方が良いでしょう。 専門の医師であれば、リスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)などを考えて判断してくれるはずですー